スポーツ

清水大成(履正社)のイケメン画像と経歴!中学は丹波市立氷上中だった!

清水大成(履正社)イケメン




2019甲子園の組み合わせが決定する中で、履正社高等学校

「清水大成選手がイケメン!」

と話題になっていますね。

水上桂(明石商)のイケメン画像と経歴!彼女情報と進路も調査!

ご存知のように、大阪で履正社高校は、大阪桐蔭と1,2位を争う野球の名門校なんですね。

その強豪チームで背番号1を背負うのが、清水大成選手なんです。

春のセンバツ初戦では、優勝候補の星稜相手の投球で、自己最速を1キロ更新する

151キロ!

を記録するなど、注目の的となりました。

この記事では、そんな清水大成選手のイケメン画像と共に、気になる中学校時代をリサーチしました。



清水大成(履正社)のイケメン画像はここ!

清水大成 イケメン画像がヤバい!

まずは清水大成選手のイケメン画像を見てみましょう。

 

いかがでしょうか?

ファンの中には、

「クールなイケメンぶりがヤバい!」

という評価もあるようで、男らしい精悍な顔つきもいいですよね。

その他にもTwitter上では‥

というように安定した話題になって盛り上がっているんですね。

清水大成選手は、性格も、

「弱音を吐かない冷静沈着なタイプ」

と評価されていますが、顔立ちにもその男らしさが表れている、と言えますね。



清水大成(履正社)の経歴プロフィール!

清水大成のプロフィール!

清水大成選手のプロフィールですが‥

  • 氏名:清水大成(しみず たいせい)
  • 誕生日:2001年6月5日
  • 出身:京都・丹波市
  • 家族:両親・姉(4人家族)
  • 趣味:音楽鑑賞
  • 出身学校:丹波市立東小学校→丹波市立氷上中学→履正社高等学校
  • 野球:「東レッドソックス」→「ベースボールネットワーク」→履正社高校
  • ポジション:投手
  • 好きな選手:寺島成輝(ヤクルト)
  • サイズ:176センチ 73キロ

となっていますね。

やはり、小学校時代から、特別な形で野球に親しんできた様子がよく分かりますね。

また、音楽鑑賞ですが、清水大成選手のお気に入りは、

  • BUMP OF CHICKEN
  • RADWIMPS

という事ですよ。

音楽の趣味は一般の高校生と同じなんですね。



清水大成の経歴 憧れは寺島成輝(履正社OB)だった!

清水大成選手の経歴にある通り、憧れの存在である、寺島成輝選手は履正社高校の2年先輩なんですね。

同じ左投ということもあるようで、中学生時代には、甲子園で投げる寺島成輝選手の動画を何度も見返し研究したそうです。

この辺りからも、清水大成選手の研究熱心な姿勢が伺えますよね。

ご存知のように、寺島成輝選手は高3年夏の甲子園で活躍し、秋にヤクルトからドラフト1位指名を受けプロ入りしています。

清水大成選手も、この夏の甲子園の活躍では、同じ歩みができるかもしれませんね。



清水大成(履正社) 中学は丹波市立氷上中! 



清水大成 中学時代はベースボールネットワークで特訓!

清水大成選手の中学は、

丹波市立氷上(ひかみ)中学校

ですね。

生徒数550名前後の市内で最も規模の大きい中学校という事です。

この中学校に入学した清水大成選手は中学時代、ヤングリーグである篠山ベースボールネットワークでのプレーも開始しました。

ここでは、

「将来を見据えて基礎的な練習を継続して行う」

事を目的として、野球の基礎スキルを身に着けられるようなんですね。

清水大成選手は、この場を最大限活用して、通常~夏休みなどの長期休みにも、ひたすら基礎練習を重ねたとの事です。

基礎体力作りでの走るメニュー、ボール回しやノックなどの基礎的なメニューで、心身が野球の基礎的プレーに慣れていき、自然に体が反応するまでひたすらこなす日々を送っていたそうですよ。

すごい中学時代ですよね!

清水大成選手は

「中学時代の厳しい練習を続けてきたことで心身が鍛えられた」

とコメントしているんですね。

中学時代のこのような特訓が、今の野球スキルに直結していったことが分かりますね。



清水大成 中学2年まではファーストだった!?

清水大成選手の現在の投手スキルを見ると、野球を始めた時から投手専門、というように感じてしまいますよね。

しかし、実は清水大成選手は、中学2年生までは

ファースト(ピッチャー兼任の時もあり)

だったようなんですね。

本格的にピッチャーに専念するようになったのは、中学3年生の頃からだそうです。

意外ですよね‥

でも、特に野球のように、明確にポジションが分かれているスポーツでは、いかに他のポジションも早いうちに経験するかで、その後の進歩に影響してくる、と教える関係者もいるんですね。

その面では、清水大成選手も、中学時代の基礎的なスキル向上の繰り返しと、投手以外のポジションの経験があったからこそ、総合的な野球スキルもどんどん向上していったことが予想できますよね。

当然ながら、ピッチャーは精神的にも一番の重圧がかかるポジションです。

この大役を果たしていく力を中学時代から養ってきた努力は無条件で認められることですね。

まとめ

まとめてみると、

  • 清水大成選手 クールなイケメンは冷静沈着な性格にも似あっていた!
  • 清水大成選手のプロフィール 憧れは寺島成輝選手!
  • 清水大成選手 丹波市立氷上中学校時代は2年までファーストでプレー!

ということですね。

いかがだったでしょうか?

「弱音を吐かない冷静沈着なイケメン」

という理想の清水大成選手。

甲子園で活躍して、ぜひ、プロ入りを目指して欲しいですね!