スポーツ

井上広大(履正社)の中学時代がすごかった!ドラフト候補確実!?

井上広大




2019年甲子園の決勝に勝ち進んだ履正社高校の強打者である

井上広大選手

の注目度が上がっていますね。

井上広大選手は、3回戦の時点で高校通算48号2ランなど5打点、準々決勝でも4打点を挙げており、この決勝で、星稜の奥川恭伸投手との戦いが大いに期待されているんですね。

奥川恭伸(星稜)の性格が良すぎてヤバい!?笑顔や涙の理由もご紹介!

ネット上では、この強打者である井上広大選手に関してのドラフトの話題や、中学校時代の活躍に関する話が盛り上がっています。

それで、この記事では、そんな井上広大選手の凄い中学時代の活躍やドラフト候補の可能性に関してまとめてみました。



井上広大(履正社)の中学時代がすごかった!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#履正社 #井上広大 #井上さま #第101回全国高等学校野球選手権大会 #レンズ越しの私の世界

かりんさん(@karin__toin)がシェアした投稿 –

これだけの強打者となった井上広大選手ですが、その実力は、中学時代に養われていたようなんですね。

井上広大の中学は大東市立南郷中学校!

井上広大選手は、大阪府大東市立南郷小学校出身で、小学校時代にソフトボールを初めています。

そして、そのまま公立学区にある、

大東市立南郷中学校(公立)

に進学しました。

この中学校は特に野球部が強いというような事はないようで、いたって普通の中学校だったようなんですね。



井上広大選手の中学時代 東大阪リトルシニアで活躍!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イケメン! #履正社 #井上広大 #第101回全国高等学校野球選手権大会 #レンズ越しの私の世界

かりんさん(@karin__toin)がシェアした投稿 –

ソフトボールで基礎を鍛えた井上広大選手は、中学生からは、硬式野球チームである、

東大阪リトルシニア(野球協会)

に入りました。

1975年設立のこの協会は

「中学生野球(シニア)を高校で通用する為の基礎作りと位置づけ」

を協会訓として活発に活動するチームです。

2017年には、全国大会に出場する実力を備えたチームとして、評判も高いんですね。



井上広大選手は東大阪リトルシニアで捕手兼キャプテン!

現在は外野手として活躍する井上広大選手ですが、中学時代の東大阪リトルシニアでは、

キャッチャー

として活躍していました。

現在の強肩も、この捕手時代の訓練が大きく影響している事は間違いないですね。

また、キャッチャーとして、チーム全体の動きや先を読み、指示を出していく手法や野球全体に関する知識や経験を増していったのも、この中学時代だったようです。

実際、井上広大選手は、中学3年生の時には、東大阪リトルシニアのキャプテンを務めていたんですね。

さらに、井上広大選手の中学時代の貴重なツイートでは、

「高校に入って早く野球を(本格的に)やりたい!」

という強い意気込みややる気も感じるんです。

中学時代の大会成績などは発見できませんでしたが、

ソフトボール(小学校)→硬式野球→捕手→キャプテン

と、バランスよくかつ確実に実力を積んでいく事ができた中学時代だった

ことがわかります。

やはり、中学時代が、履正社での急成長のベースになったことは明らかですね。



井上広大(履正社)はすでにドラフト候補確実!?

履正社高校3年の最後の甲子園で決勝に進んだ井上広大選手。

当然ながら、この強打者の進路が気になりますね。

阪神が井上広大のドラフト候補を検討中!

井上広大選手は、決勝戦前の時点で、すでにドラフト候補確実とも言われているんです。

2019年8月13日のニュースでも、

「阪神は12日、兵庫・西宮市内の球団事務所でスカウト会議を開き、高校生のドラフト候補を再確認した。
野手では、履正社(大阪)・井上広大外野手(3年)らをリストアップしている。初戦で高校通算47号を放って今夏4戦連発中で「大会前から状態は良かったけど、成長した姿をさらに見た」と地元関西の主砲の成長ぶりも確めた。」
引用:https://www.nikkansports.com/baseball/news/

と報じられているんですね。

地元という事もあるかと思いますが、やはり強打力の面に注目している事がよく分かりますよね。

当然ながら、阪神が注目しているという事は他の球団もドラフト候補として狙っていることは予想できますね。



ネット上でも井上広大選手のドラフト候補希望が話題に!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. また当たってほしいな💭 #奥川恭伸 #井上広大 #星稜 #履正社 #いいね返し #野球好きな人と繋がりたい

@ neo___sanがシェアした投稿 –

全国のファンも井上広大選手のプロ入りを期待しています。

声を見てみましょう。

色んな希望がある事は分かりますが、やはり皆さんに共通するのは、

「井上広大選手はプロとして活躍してほしい!」

という願いですね。

決勝の結果がどちらになったとしても、星稜の奥川恭伸投手と履正社の井上広大選手のドラフト候補は確実視されていますね。

まとめ

まとめてみますと、

  • 井上広大選手の出身中学は大東市立南郷中学校だった!
  • 井上広大選手は中学時代、東大阪リトルシニアで捕手として活躍!
  • 阪神が井上広大選手のドラフト候補を検討中!

という事でした。

いかがだったでしょうか?

今回の甲子園で最初から強すぎる打者として話題の井上広大選手

決勝でも、奥川恭伸投手との攻防が期待できますね。

そして、それ以降も、ぜひ、プロ入りすることを願いましょう!