芸能

猪狩ともかの賠償金額がヤバい!オムツ着用のトイレ事情とは?

猪狩ともか




仮面女子の猪狩ともかさん(27)が看板落下事故(2018/4/11)で脊髄損傷の重傷を負ってしまってから1年以上が経ちますね。

誰にでも起こり得る事故で、人気アイドルが車椅子生活を強いられるというショッキングなニュースでしたが、事故から4か月ぶりに仮面女子ライブに復帰し、現在、猪狩ともかさんは、

「車椅子アイドル」

として活躍を続けていくことを公表しているんですね。

計り知れない苦しみを持ちながら、明るさを失わずに車椅子アイドルとしての活動を続ける猪狩ともかさんへの応援や注目が高まっています。

ただ、今年6月12日には、背骨を固定しているボルトを抜く手術のために再度入院するなど、現実問題としての日常生活や賠償などが気になる方も多いかと思います。

それで、この記事では、猪狩ともかさんの事故に関する賠償金やオムツの可能性に関してリサーチしました。



猪狩ともかの賠償金額がヤバい!

猪狩ともかの事故責任は湯島聖堂にある!?

猪狩ともかさんの事故に関しては、高さ2.8m、幅3.8mの湯島聖堂の看板が強風に煽られて飛んできたことが原因です。

このケースに関して、あるニュースでは、

「徳原聖雨弁護士は「一義的には、看板の占有者が責任を負う」と、看板を設置している場所の管理者にまず責任が発生するとした。その上で「占有者が管理を怠っていないのなら、看板の所有者に責任が発生します」と解説した。今回のケースなら湯島聖堂側との話し合いとなる。」

「歩行者側のリスク回避責任については「よほどテレビで『外出は控えて下さい』と言われていたり、看板が外れそうなのが目に見えているのに自ら近づいた場合でなければ、問われることはないでしょう」という。」
(引用:https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/08/0011235010.shtml)

と伝えているんですね。

今回は、当日が予想外の強風だったとはいえ、近隣で飛ばされたのは湯島聖堂の看板だけだった点、予想外が認められるのは、大地震などの大規模災害だけの場合が多い、という事実も考慮されるようです。

そうなると、今回の事故に関しては、高い確率で、湯島聖堂側に賠償責任が発生すると考えられますね。



湯島聖堂側の猪狩ともかへの予想賠償金額がヤバい!

では、賠償金額はどのくらいが予想されるんでしょうか?

今回は、猪狩ともかさんが一般人ではなく、アイドルとしてある程度の認知度がある方のため、その後の将来的な収入予想など、かなり難しいケースになると考えている専門家が多いようなんですね。

それでも、先程の徳原聖雨弁護士は、

「今回の事故では相当の慰謝料等が発生する可能性が高い。今までできていたことができなくなるという『逸失利益』(過去の月収等から算定)のほか、車いす生活となった場合、自宅をバリアフリーに改装する費用なども組み込まれ、「総額は数千万から億単位になってもおかしくない」と推定した。」
(引用:https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/08/0011235010.shtml)

とコメントされています。

この事故による、猪狩ともかさんはの下肢両麻痺は、後遺障害等級1級になると考えられています。

それで、一時的な自宅や車両改造費などよりも、慰謝料やその後の、

「車椅子生活でなければ得ることができていたであろう金額」

が高額になるという予想が大半のようですね。



後遺障害等級1級の場合の賠償金額事例は?

ちなみに、一般人の方で、両下肢麻痺で後遺障害等級1級の方の賠償に関しての事例を見てみると、

逸失利益、将来介護料、介護機器費用、車両改造費、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、近親者慰謝料など

の項目となり、合計額は

1億8000万円

だったようです。

注目すべきは、慰謝料にも3種類あって、そこがかなりの高額(約4000万円)になるという点ですね。

猪狩ともかさん場合、この一般人の方とどのような差がつくのか分かりませんが、年齢も20代ですので、さらに高額(数億円)になる事も充分に考えられますね。

やはり、結果的に一生、車椅子生活を余儀なくさせてしまった側は、金額の問題ではないですが、せめて、費用面での賠償を誠実に行って欲しいですよね。



猪狩ともかのオムツ着用のトイレ事情とは?

猪狩ともかのオムツってなに?

20代の女性アイドルとしては本当に気の毒な話ですが、ネット上では、

「猪狩ともか オムツ」

という検索が頻繁になされているようなんですね。

「?」

と思う方もいるかもしれませんが、やはりこれは、猪狩ともかさんが、脊髄損傷による下肢麻痺の状態にある事が関係しているようです。

もちろん、実際に猪狩ともかさんがオムツを着用しているのかは分かりませんし、その辺りは感情を思いやり、知る必要もないと思います。

ただ、一般的に、下肢麻痺の状態にある方が、この面でどのような苦しい思いをしているかを知る事は優しい思いを持つのに役立ちますよね。



下肢麻痺とオムツやトイレとの関係は?

下肢麻痺状態だと、下半身の神経全体に影響が及ぶケースが多いようです。

医療的な見解だと、

「下肢麻痺によって、しばしば、排便を管理する神経が損傷し、直腸が一杯になったことを感じる能力が失われることがあります。しかし、肛門括約筋は閉じたままになっているので、反射ベースで排便が起きます。これは、直腸が一杯になると排便反射が起こることを意味します。脊髄損傷では、排便反射が障害を受けて肛門括約筋がゆるむ場合があります。」
引用:https://www.christopherreeve.org/ja/international/top-paralysis-topics-in-japanese/bowel-care

とあるんですね。

つまり、トイレ管理の反応である神経伝達がうまく伝わらないことが多いので、規則的な排泄管理が必要、という事を意味しているんですね。



猪狩ともかはオムツ生活を強いられているの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💛💛 . . . #いい表情してる #自分で言う #仮面女子 #猪狩ともか #明日5月3日放送のバイキング是非観てください #しれっとお知らせ

猪狩ともか tomoka igari ♿︎✨さん(@igari_tomoka)がシェアした投稿 –

しかし、規則的な排泄管理が必要とは言っても、特に猪狩ともかさんのように、アイドル活動をしていて、公演などで、長時間拘束される場合には、それが非常に難しいことも当然ながらありますよね。

そのように考えると、猪狩ともかさんは、ある程度の時間、トイレに行けない事が予想される状況では、念のため、オムツを着用しなければならない状況にあると言えるかもしれませんね。

20代の女子アイドルとして、そのような事を甘んじて受ける猪狩ともかさんは、本当に無条件で立派だと言えますよね。

まとめ

まとめてみますと、

  • 猪狩ともかの事故の損害賠償金は数億円の予想!
  • 猪狩ともかは長時間の活動時にはオムツを着用している可能性あり!

という事でした。

いかがだったでしょうか?

急に降りかかった、人生を左右する大事故に果敢に立ち向かう猪狩ともかさん。

普通は、もう一度アイドルとして活躍していきたいという気持ちを持つことは至難の業
と考えてしまいますよね。

そんな中でも、前向きに希望を失わない姿勢は本当に立派ですね。

この先も、自分が目指すアイドル活動を充実させていき、猪狩ともかさんでないとできない、「車椅子アイドル」として活躍していって欲しいですね!