韓国

チョグク 嫁の画像!妻は大学教授で娘の不正入学サポートで在宅起訴に!

チョグク




連日の日本のニュースで話題となっている、

チョグク氏(54)。

ネット上では、疑惑が向けられる娘や息子に関する検索が急増しています。

チョグク(韓国)のかわいい娘の画像!息子の不正問題もヤバかった!

さらに、タマネギのように剥かれていくと、今度はチョグク氏の嫁(妻)に関して知りたい方も増えているようです。

ユンソクヨル検察総長(韓国)の経歴がすごい!チョグクは大学後輩だった!

この記事では、情報が少ない、

チョグク氏の嫁(妻)に関してリサーチしました。

そうした所、この嫁(妻)も捜査対象となっていたことも分かりました!



チョグクの嫁(妻)の画像はここ!可愛い娘に似てる?

チョグク引用:https://ja.wikipedia.org/

チョグク氏の嫁(妻)は、

情景芯(チョン・ギョンシム)さん(57)

というお名前です。

3歳年上の奥さんなんですね。

早速、妻の画像を見てみましょう。

情景芯1引用:http://kagami0927.blog14.fc2.com/blog-entry-3695.html?sp

情景芯2引用:https://iroirog.info/zinbutsu/thoguku/

いかがでしょうか?

2枚の写真は少し印象が異なりますが、なんとなく、下の方が最近撮影された感じがしますね。

美人と言われる娘に、目元が似ているでしょうか?

チョグク娘引用:https://zyun-morninglightcafe.xyz/guku/

こうやって見ると、疑惑の娘さんは、両親のお顔の良いところを引き継いでいる事が分かりますね。



チョグクの嫁(妻)は東洋大学の教授で英語を教えていた!

このチョグク氏の嫁の情景芯さんですが、実は、

東洋(ドンヤン)大学校教養学部(韓国)

教授であることが分かっています。

この大学校は、ソウルの南東であるヨンジュ市に、1994年に創立された新しい大学なんですね。

国際交流にも力を入れているようで、情景芯さんは、英語を教える教授という事です。

そして、御主人のチョグク氏とは、ソウル大学で一緒だったとのことなので、やはり奥さんも超優秀であることも分かりますね。



チョグクの嫁も捜査対象に!娘の不正入学をサポート!?

チョグク2引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

しかし、そのチョグク氏の嫁である、情景芯さんにも捜査の手が及んだとのニュースがありました。

2019/9/4の韓国ニュースによると、

「チョグク氏の娘チョミンヒ(28)さんが、母親が在職中の大学で総長賞を受けたことが3日、分かった。
チョミンヒさんは、2014年釜山大学の医学専門大学院に提出した自己紹介に「賞と表彰実績」に「東洋大学総長表彰状」を書いていた。
チョミンヒさんの母親である情景芯(57)氏は、2011年からドンヤン教養学部教授として在職している。
引用:http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/09/03/2019090302784.html」

とあったんですね。

つまり、チョグク氏の娘は、

「釜山大学大学院の入学時にも、母親が教授をしている大学の表彰状を提出して合格していた」

という事なんですね。



通常であれば、これ自体は別に問題ではないと思いますが、これだけの入学に関する疑惑が多い方ですと、

「また、ここでも!」

ということに感じてしまう方が多いんでしょうね。

実際、このニュースは、

「ソウル中央地検特捜2部はこれと関連し、この日の午前、慶尚北道永住のチョン氏のドンヤン教養学部の研究室や大学総務チームなどを家宅捜索した。検察は、ドンヤン総長賞受賞に情景芯氏が介入したと疑っている。情景芯氏は、夫であるチョグク氏の候補者をめぐる各種疑惑が提起され、今週休み計画書を提出し、学校に出ていないことが分かった。」
引用:http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/09/03/2019090302784.html」

とも述べています。

情景芯 研究室引用:http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/09/03/2019090302784.html

こうなると、噂ではなく、警察もかなりの確証を持って、捜査している事が分かりますね。



チョグクの嫁が遂に在宅起訴!

そして、9/7には、やはりこの情報が確かであったことが報道されました。

ついに、

チョグク氏の妻が在宅起訴された!

というニュースが報道されたんですね。

「韓国のムンジェイン大統領の最側近で法相候補に指名されたチョグク前大統領府民情首席秘書官をめぐる娘の大学不正入学疑惑に関連し、検察は6日夜、大学教授であるチョグク氏の妻を私文書偽造の罪で在宅起訴した。
 チョグク氏の妻は2012年9月ごろ、娘が釜山大医学部進学に有利になるよう自身の在職する大学の総長から表彰されたと偽るため表彰状を偽造した疑いが持たれている。総長はメディアに表彰した事実はないとし、検察による強制捜査後、妻やチョグク氏から電話で偽証を求められたと証言した。」引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000508-san-kr

 

これが事実となると、子どもたちとは異なり、チョグク氏の嫁である情景芯さんは、

「自らの手で不正を行った」

という事になるため、夫である、チョグク氏の立場は益々危なくなりますね。

同じニュースでは、

「法相任命も難しくなってきた」

とも報道されていました。

当然だと感じる日本国民も多いかと思いますが‥



ナギョンウォン(美人過ぎる議員)のプロフィールがすごい!結婚や子供は?

GSOMIAを破棄した場合の日本のメリットとデメリットは?軍事的危険性が増大!

まとめ

まとめてみますと、

  • チョグク氏の嫁(妻)の名前は情景芯(チョン・ギョンシム)さん(57)!
  • 情景芯さんは東洋大学校教養学部で英語を教える教授!
  • 娘の不正入学に大学の賞を与えて関与した疑惑で捜査対象に!
  • チョグクの嫁が在宅起訴され、法相任命が難しくなってきた!

という事ですね。

いかがだったでしょうか?

確かに剥くほどに家族の疑惑が止まらないチョグク氏

ムンジェイン大統領は、このような方を、司法長官という法の番人的立場に無理やり任命してしまうんでしょうか‥

あまり期待が持てませんが、引き続き、事態を見守りましょう。