韓国

ユンソクヨル検察総長(韓国)の経歴がすごい!チョグクは大学後輩だった!




チョグク氏が遂に法務大臣に強硬指名されたことが話題になっていますね。

日本ではあまり考えられないことですが、現在の韓国では、国民の意見が2分しているようなんですね。

妻を在宅起訴されたチョグク氏が、検察をも監督する法務大臣に指名されたことで、

「政治 対 検察」

という図式での対決がより激化すると予測されています。

チョグク 嫁の画像!妻は大学教授で娘の不正入学サポートで在宅起訴に!

チョグク(韓国)のかわいい娘の画像!息子の不正問題もヤバかった!

この強力な権限を持つ検察のトップが、

ユンソクヨル検察総長なんですね。

以前のコメントでは、

  • 「政権の圧力に屈しない」
  • 「私は人には忠誠を尽くさない」

と語り、絶対に妥協しない姿勢で、反チョグク、ムンジェイン側からは大きな支持を得ているんですね。

この記事では、そんなユンソクヨル検察総長の凄い経歴やチョグク氏との意外な関係に関してリサーチしました。



ユンソクヨル検察総長(韓国)の経歴 飛び級昇進がすごい!

ユンソクヨル検察総長1引用:http://pinponpa.blog.jp/archives/19726171.html

ユンソクヨル検察総長のプロフィール!

ユンソクヨル検察総長の公開されているプロフィールは下記の通りです。

  • 生年月日:1960年12月18日(58歳)
  • 出身地:ソウル特別市
  • 学歴:ソウル大学大学院法学部
  • 職業:元弁護士
  • 家族:妻(キム・ゴンヒ 46歳)

大学はやはり、ソウル大学なんですね。

今回の問題で名前が挙がる方たちの多くがソウル大学法学関係であることも珍しい組み合わせですね。

ちなみに、妻のキムゴンヒさんは下記の方です。

ユンソクヨル 妻引用:https://iroirog.info/zinbutsu/yunsokuyoru/

46歳には見えない超美人な方ですね!

この奥さんも、ソウル大学の出身という事で、経営者として活躍されているようです。



高検トップを飛び級で検察総長に異例の抜擢!

ユンソクヨル検察総長2引用:https://www.instagram.com/

ユンソクヨル検察総長は、大学院卒業後、1991年に司法試験に合格します。

その後の経歴がすごいと注目を集めてきたんですね。

  • 1994年:テグ地方検察庁の検事に就任。
  • 2013年:検察チームのリーダーに抜擢され、大統領選挙に韓国情報機関が介入した疑 惑を捜査。その後、ネット上に野党陣営を中傷する書き込みがあるのを見つけ、上層部の反対を押し切り職員を逮捕。これにより地方に左遷、平検事に降格。
  • 2016年:チェスンシル被告捜査の特別検察官チーム長に抜擢。
         (パク・ウネ前大統領の国政不正介入事件)
  • 2017年:ソウル中央地検長に就任(文政権発足後)。
  • 2019年:ムンジェイン大統領より任命を受け検察総長に就任。
          高検トップを経験せずに検察総長に就任する異例の抜擢。



いかがでしょうか?

ユンソクヨル検察総長は、イ・ミョンバク、パク・クネ両政権時代の不正捜査を指揮してきた多大な実績が認められ、検察総長への抜擢となったんですね。

指名時に、大統領府報道官は、

「卓越した指導力と改革意志で国政介入や積弊清算捜査を成功に導いた。いまだ社会に残る不正腐敗の根を抜き取り、検察改革を完遂すると期待している」

と、ユンソクヨル検察総長を称賛しているんですね。

しかし、現状では、皮肉にも、ムンジェイン大統領が強硬任命したとも言われているユンソクヨル検察総長が、同じくムンジェイン大統領が強硬任命したチョグク氏を追い詰めようとしています。

ムンジェイン大統領としても、当初の予想通りにはいかず頭を抱えている事がよく分かりますね。



ユンソクヨル検察総長(韓国)とチョグクはソウル大学の先輩後輩同士!

ユンソクヨル3引用:http://sekaino.info/450757

もう一つ、今回の問題で注目されているのが、対立するチョグク氏(54)とユンソクヨル検察総長(58)が、同じ

ソウル大学法学部の先輩後輩

にあたるという点です。

在学年が重なっていたのか、その当時から交友があったのかは不明ですが、チョグク氏は法学者として、そしてユンソクヨル検察総長は、検事、弁護士として、どちらも法律の専門家として歩んできました。

ムンジェイン大統領は、自分の権力固めのために、この二人を法務大臣と検察総長に強硬任命したわけですが、ユンソクヨル検察総長の方は、あくまでも法に忠実に自分の職務を全うしようと決意した行動をとっているんですね。

その姿勢が、韓国国民にも評価されていますね。

ただ、今後、立場が上になったチョグク氏から、法的権限での弾圧を受ける可能性もあるユンソクヨル検察総長。

大統領と法務大臣が自分たちの疑惑を力づくで抑え込もうとする姿勢にユンソクヨル検察総長がどのように立ち向かうのかが関心の的になっています。

GSOMIAを破棄した場合の日本のメリットとデメリットは?軍事的危険性が増大!

ナギョンウォン(美人過ぎる議員)のプロフィールがすごい!結婚や子供は?

まとめ

まとめてみますと、

  • ユンソクヨル検察総長は歴代の大統領時代から検察としての多大な実績を残してきた!
  • ユンソクヨル検察総長の検察総長の飛び級指名は異例の抜擢!
  • ユンソクヨル検察総長とチョグク氏はソウル大学法学部の先輩後輩だった!

という事です。

いかがだったでしょうか?

現状では、難しい立場にあるユンソクヨル検察総長。

国民も、

「法律的には問題ではない点を検察が強制捜査している」

と批判する意見もあることも事実です。

結果的に、権力集中の国家にならないことを願いたいですね。