社会政治問題

新井祥子(群馬県草津町)町議の経歴がすごい!しゃべりが変?病気なの?

新井祥子




温泉で有名な、群馬県草津町で、町長からセクハラ被害を受けたと告発していた女性町議が、

「議会の品位を傷つける発言をした」

として失職しましたね。

残念ながら、最近はあまり驚かない話題っですが、

訴えた被害女性の方が失職する

という事や、この

女性町議が少々変わっている

ということでも注目を集めていますね。

この女性町議は、

新井祥子町議(50)

です。

テレビでも良く取り上げられ、主張を話す様子や訴えられた町長のインタビューも目にしますが、確かに、新井祥子町議のしゃべり方や町長のまともな感じに違和感を覚える方が多いようですね。

この記事では、そんな話題の人となっている、新井祥子町議の経歴や、しゃべり方のどこが変と言われるのか、また、病気があったのかなどをリサーチしました。



新井祥子(群馬県草津町)町議の経歴がすごかった!

新井祥子町議の経歴は?懲罰が課された過去もあった!

公開されている情報での新井祥子町議の経歴は下記の通りです。

  • 2009年 草津町に転入。草津町町議選に立候補→落選。
  • 2011年 草津町町議選に初当選。当時42歳。
  • 2013年 不適切行動で町から懲罰が課される。
  • 2015年 草津町町議選に再度立候補→落選。
  • 2019年 草津町町議に再度当選。

落選と当選を繰り返す形になっていますが、2015年の落選の主な原因は、

2013年の懲罰

だったようですね。

原因は、

「町民からの要望書を勝手に取り下げる依頼書を作成し、本人からの依頼があったと虚偽の発言をした」 引用:2013/2/8草津町町議会書類

ということなんですね。

これは、まずいですよね‥

しかも、

「依頼を受けたと偽って公的な取り下げ文書を代行作成してしまう」

という、かなり確信犯的な状況であったことも推測されますよね。



新井祥子町議 初出馬後に離婚していた!

実は、新井祥子町議は、初出馬の2010年前後に離婚されているようなんですね。

そのため、初出馬時には、

「園田祥子」

という名前で出馬されていました。

園田祥子引用:http://senkyoyohin.com/interview/16_ara/arai7.html

つまり、現在の、

「新井祥子」

は旧姓のようなんですね。

リサーチする中では、初出馬時には両親も旦那も猛反対したため、

選挙資金は借入も利用したようで、落選後にはその返済などもあり、

「昼は土産物店、夜はホテルの管理人室で働く」

など、大変な生活を送ってこられたようなんですね。

その後、再度挑戦し、

「当選→懲罰→落選→当選」

を繰り返すそのメンタルは普通ではない気がしますね‥



新井祥子(群馬県草津町)町議のしゃべり方が変?病気なの?

新井祥子町議引用:https://zatta-zakki555.com/2019/12/02/kusatsu/

新井祥子町議のしゃべりは普通ではない?

そんな新井祥子町議ですが、今回、セクハラ訴えを起こしたことで、テレビでも取り上げられています。

それを観た方たちの多くが感じるのが、

「しゃべりが変!病気なの?」

という感想ですね。

例えば、

というように、

  • 表情も声色も無表情
  • 目を閉じたまま話す
  • 話すテンポ

などに違和感を感じる方が多いようですね。

精神的な病気を指摘している方もいるようですが、もちろん、そうなのかは分かりません。

ただ、私も仕事でメンタルに悩みを抱えた方と面談することがありますが、

「本人が正論と信じている事を話す時に似た様子」

だとも感じています。

たしかに、これまでも実名、顔出しでセクハラ被害を告発する方の映像も多数観てきていますが、新井祥子町議のような感じではないので、強い違和感を感じてしまうことは事実ですね。

逆に、黒岩町長の発言や話し方が、

「正直な、まともな感じが強い」

ため、今回のように、

「セクハラを訴えた側が議員辞職となる」

という結果に納得してしまう方も多いようですね。



新井祥子町議が患っていた病気とは?

草津温泉引用:https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

しかし、実際に新井祥子町議が患っていた病気があるんですね。

それは、

アトピー性皮膚炎

です。

2011年のインタビューで、新井祥子町議は、

「私は長い間、アトピー性皮膚炎で苦しんできました。草津の温泉が皮膚病に効果があると聞いて、少しでも症状が良くなればと思い、湯治に通い始めました」
(2011/10インタビュー)

と語っているんですね。

2009年に、草津に転入してきたのも、この病気の治療のため、という目的があったようですね。

そうなると、治療を初めて間もない頃に政治活動を開始しようとすることに家族が猛反対した、という事にも納得がいきますね。




まとめ

まとめてみますと、

  • 新井祥子町議の落選当選を繰り返す経歴がすごかった!
  • 新井祥子町議のしゃべりは普通ではない違和感を感じる方が多い!
  • 新井祥子町議はアトピー性皮膚炎の治療のために草津に移転してきた!

という感じですね。

いかがだったでしょうか?

今回の新井祥子町議の訴えが虚偽だったとすると、その目的は、

単なる虚言癖

なのか、

草津町や町長に対する恨み

なのか、気になるところですね。

除名処分に関して、「考える」という新井祥子町議の出方が怖いですが、町民の益を考えた形での解決を願いますね。